投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

【SAVER0017】 フロンの漏えい点検義務化のお知らせ

------------------------------------------------------------------------------------------------------
【省エネサポーター・2016年7月Vol.17】 『社会に快適な環境を提供し、地球のより良い環境を守る』情報をお届けします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------
お客様各位
いつもセーバー技研をご愛顧頂き誠にありがとうございます。 今回は、フロン排出抑制法についてご案内させて頂きます。
平成27年4月に環境省によりフロン排出抑制法が施行され、業務用冷凍空調機器 (第一種特定製品)は日常的な簡易点検(3ケ月に1回以上)が義務化されました。
環境省・フロン排出抑制法の概要 環境省・フロン排出抑制法の詳細
さらに、下記の性能の製品については、十分な知見を有する者(※1)による定期 点検が義務化されており、違反した場合には罰則(※2)の可能性があります。
機種 圧縮機電動機定格出力 定期点検頻度 エアコン 7.5kw以上50kw未満 3年に1回以上 50kw以上 1年に1回以上 冷凍・冷蔵機器 7.5kw以上 1年に1回以上
※1.冷媒フロン類取扱技術者、冷凍空調技士、高圧ガス製造保安責任者、冷凍空気調和機器 施工技能士、その他を指します。 ※2.簡易点検の実施等の「管理者の判断の基準」の遵守は法に 基づく義務です。また、違反した 場合には、都道府県による指導・助言、さらに定期点検対象機器を所有している場合は、 勧告・ 命令・罰則の対象となる場合があります。(Q&Aより)
法施行日からすでに1年以上が経過<